menu

2022年度の祇園祭山鉾巡行・及び関連行事(宵山等)は感染症対策を実施の上、開催予定です。
※ただし、状況によりやむを得ず予定が変更となる場合がございます。詳細・最新情報については公益財団法人祇園祭山鉾連合会及び各山鉾町のホームページ等をご確認ください。

祇園祭 2022

〜 京都の街中がミュージアム! 〜

くろぬしやま黒主山

謡曲「志賀」のなかで、六歌仙の1人、大伴黒主が桜を眺めるさまをテーマにしている。杖をつき、白髪の髷(まげ)の翁の人形は、風格たっぷり。山を飾る桜の造花は、家に悪事を入れないお守になる。
昔の山は松の山篭と一緒に添山を飾ることがあったが、黒主山にはそれが残る。

前掛は中国明代の皇帝・萬歴帝が即位時に身に着けたといわれる古錦を復元した五爪竜文様錦。見送は1764年製のの牡丹双鳳凰文綴錦と紅地唐子遊図(べにじからこゆうず)の二種類が1年交替で用いられる。

ご利益:厄除け・盗難除け
授与品:粽(桜の花が飾られている)、Tシャツ、手ぬぐい、竹うちわ、菓子「食べられる粽」(亀屋吉長製)、菓子「黒おたべ」(黒い生八つ橋。限定パッケージ)など

山建て:20日8:00~
粽販売・会所公開:21-23日10:00~22:00

■ ホームページ:http://www.kuronushiyama.or.jp/